営業職の紹介

関係を大切に育て、
未来へ続く人の関係を築く

家を買っていただくという仕事

営業職という仕事には、単純にモノを売るという行為以外に、その関係を大切に育て、流れをしっかり示して、未来へ続く人の関係を築いていくという仕事があります。大きく考えると、そのことの方が占める割合は大きいのかもしれません。
しかし、そのことによって人の喜びに立ち会えたり、人からチカラをもらったりすることは、何ものにも代え難い、貴重な経験だと言えます。

家を買っていただく、という仕事もまったく同じです。家を買っていただく前に、自分を、会社を買っていただき、そのことによって、家という目に見えるモノが残るのかもしれません。

営業職の主な仕事内容

モデルハウスに来場いただくお客様の接客・提案対応

家造りの提案・進行対応

  • ・土地探しからの家づくりのお客様に土地提案を行う
  • ・住宅ローン手続きの申し込みから手続きまでを行う
  • ・間取りプランを提案する
  • ・間取りプランを提案する

社員インタビュー

営業:井上 智加

Q.仕事をして身につけたもの(スキル・経験)は?

家づくりに関することはもちろん、いろいろな家族のかたち、いろいろな職業、趣味など、同じ人はいないので、日々発見の連続です。他のサービス業よりも深い部分までお客様と向き合っていく仕事だと思うので、計画性、決断力、責任感、人を思いやる気持ちなど、人に関わるすべての部分で日々進化しています!

Q.3年後の自分のイメージは?

お客様だけでなく、会社からも"この人なら大丈夫、安心して任せられる"、"この人といると楽しいな"と思ってもらえるよう、人として成長し、人間性を高めていきたいです。

Q.これから社会人となる学生に、一言アドバイスを。

私の前職は仲居です。他にも様々なサービス業を経験してきましたが、建築関係の仕事も営業職もまったくの未経験でした。入社した際も建築の知識はまったくゼロからのスタート。最初はわからないこともばかりで、その分不安も多かったですが、先輩方や上司からの手厚いサポートのおかげで、今では毎日楽しく働いています。私もまだまだ成長していく段階なので一緒に成長していきましょう!

このページの先頭へ