リビングのペットコーナー

くつろげる寝床にも適切な大きさがあります。
通常の居室の天井高は、人間にとって快適でも、小型犬にとっては寝床としては高すぎるようです。目線の高さの1.5倍程度の天井高が心地よいと感じる高さ。上部のスペースはペット用品の収納になります。

ペットルームの格子戸がオープンなときは、リビングはドッグランの状態です。ペットルームの格子戸がクローズしているときは、ペットが部屋で休んでいる状態です。犬の苦手な来客や留守・就寝時はこのようにします。


CLOSE