お得な情報

リフォーム支援制度について

豊富な実績…累計1000棟の実績

リフォームをする際に、ぜひ検討したいのが「リフォーム支援制度」。
リフォームをする方を対象とした減税・融資などの支援サービスがたくさんあります。 上手に活用してリフォームしましょう。

減税

住宅リフォームを対象とした税の優遇措置には次の3つの制度があり、いずれもリフォームを行う消費者が適用を受けるものとなります。
税の控除額や軽減額などの算出方法については、制度の種類やリフォームの内容(耐震・バリアフリー・省エネ・増改築等)により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

※税制は改正になる場合がありますので、ご了承ください。

1)所得税額の控除

表

一定のリフォームに係る工事費用等の額に応じて所得税額を控除する制度です。

投資型減税(工事費等の10%を控除)、ローン型減税(リフォームローン残高の2%または1%)、住宅ローン控除制度(リフォームローン残高の1%)があります。

なお、所得税額控除を受ける場合は、確定申告が必要となります。

2)固定資産税の減額措置

要件を満たすリフォームを行った場合に、リフォームに要した費用の額によらず一定の割合で家屋の固定資産税が軽減される(家屋の固定資産税の1/2または1/3)制度です。固定資産税の減額措置の適用を受ける場合は、工事完了後3ヶ月以内に市町村へ申告する必要があります。

3)贈与税の非課税措置

リフォームを行うために父母等から資金(住宅取得等資金)の贈与を受けた場合に、贈与の一定額までが非課税となる制度です。贈与税の非課税措置の適用を受ける場合は、リフォームを行った翌年の贈与税の申告期間に税務署へ申告する必要があります。

融資

地方公共団体や金融機関、住宅金融支援機構では、リフォーム用の融資制度が用意されているところがあります。
必要に応じて、融資の条件、返済方法、金利などを事前に確認しましょう。

グローバルハウス株式会社
リフォーム部門

〒409-3866 山梨県中巨摩郡昭和町西条113-2
TEL: 055-268-1126(直通)
FAX: 055-268-1127

PAGETOP