リフォームメニュー

地震がきたらどうしよう

「地震がきたらどうしよう!」まずは、まずは耐震診断をしてみましょう。

日本は地震大国です。いつまた阪神・淡路大震災や東日本大震災のような大地震が起こるか分かりません。このような地震による被害を軽減するためには住まいの耐震強度を高める以外にありません。
少しでも「地震が来ても大丈夫かな?」と不安を感じる場合には、出来るだけ早く耐震診断&耐震リフォームをおこなうことをオススメします。

特に、1981年(昭和56年)以前に建てられた住まいである場合は要注意です。
建物の構造基準は、1981年6月の改正で「耐震」に対する考え方が根本的に変更されました。改正以前の基準の建物は「旧耐震の建物」、改正以降の基準の建物は「新耐震の建物」と呼ばれており、旧耐震の建物は現在の基準では耐震強度不足の場合もあります。

木造住宅の耐震改修方法は、基礎の補強、壁や筋交いの増設、腐朽や蟻害を受けた部材の取り換え、金物での補強等さまざまな方法があります。

リフォーム例01: 甲斐市N様邸 基礎補強

今、山梨では地震が起こる確率が非常に高いので、古い家(昭和56年以前に建設)は耐震補強が必要です。大切な家を守るために耐震補強費用を考えに入れておきましょう。

ビフォーアフター

リフォーム例02: 南アルプス市 梁補強・金物補強

大きなリビングを造るのに柱を抜いて梁を補強します。さらに、金物で柱が抜けないように補強を施します。当社は木造のスペシャリストなので、どの柱が抜けるのか判断することが可能です。梁補強でさらに強い家になります。

ビフォーアフター

地震は「もしも」の災害ではありません。

今後30年以内に震度6弱以上の揺れをもたらす可能性のある地震の発生確率は、甲府では82.0%もあります。主要都市の中で最も発生確率の高い静岡(86.5%)に次ぐ確率です。(政府地震調査研究推進本部発表による)

東海地震は、約100年から150年の周期で繰り返し起こっている大地震です。前回は、1854年の「安政東海地震」。山梨県内でも多くの地域が震度6弱以上の揺れであったと推定され、”甲府市で約3割、峡南地域では約半数以上の家屋が倒壊した”、という記録が残されています。

それ以来、150年以上が経過しており、地震を起こすエネルギーが相当蓄積しているため「いつ東海地震が起きても不思議ではない」と言われています。

PAGETOP