リフォームメニュー

すきま風が寒い!

「すきま風が寒い!」すきま風対策は窓から。

建物全体の気密性や断熱性の問題もありますが、実は家の中でもっとも熱の出入りが大きいのは「窓」です。窓は壁などに比べて断熱性を高めにくいところですから、窓やドアのような住まいの「開口部」に積極的に断熱性の高い部材を使用することで「すきま風対策」を効率的に行うことができます。

冬の暖房時に開口部から熱が外に逃げていく割合は58%、夏の冷房時に開口部から熱が家の中に入ってくる割合は73%にもなります。開口部の断熱・気密性能を高めることが隙間風対策に有効です。

特に最新のサッシと20年以上前のサッシを比べると、「気密性能」の違いは明らかです。この数十年でサッシの構造自体が変わってきました。「気密性能」が劣る古いサッシは、簡単に言うと「すきま風」が多く入ります。

開口部にしっかりした対策を施すことで、冷たい空気を入れないようにするのと同時に、暖房で暖めた空気を外に逃がさないようにすることができます。すきまを解消→冷暖房の効率がUPする→地球にやさしいエコな窓になるという流れです。光熱費の節約にもなります。

もちろん、開口部(窓・ドア)のリフォームと一緒に、壁や屋根の断熱・気密性能を高める補修工事を行うと更に「冬暖かく夏涼しい」住宅になります。

PAGETOP