リフォームメニュー

屋根や壁が汚れてきた!

「屋根や壁が汚れてきた!」外観のリフォームで性能もアップ。

屋根や壁は、一般的に約10年で塗替えが必要となってきます。屋根や壁の汚れが気になるようになって来たころには、外壁には雨の影響による黒いカビや全体の色褪せが見え、場合によってはクラック(ひび割れ)が入っていることもあるでしょう。外観全体のチェックが必要になってくる頃です。

屋根

屋根イメージ

屋根のリフォーム方法は大きく分けて3つあります。
築年数や屋根の状態によって、
塗替え、カバー、葺き替えを適切に選びましょう。

塗替え

表面の塗装を塗り直す方法で、屋根材も下地材もあまり傷んでいない場合に行います。なお塗装は、あくまでも表面のことです。屋根塗装で雨漏りを止めたり防水性能を上げることは基本的にできません。塗装前には点検を行ない、内部に腐食等がないか下地の様子を確認しましょう。

カバー

現在の屋根の上に新たな屋根をかぶせる方法です。葺き替えのように現在ある屋根を剥がすことなくリフォームできるので、費用も安くできます。但し、上から屋根をかぶせた分だけ屋根が重くなりますので、施工前に耐震性能に問題がないかチェックしておきましょう。

葺き替え

下地の腐食が進んでいたりする場合は、一度剥がして下地を補修し、新しい屋根を乗せる方法です。屋根材の傷みが激しい場合には葺き替えた方が良いでしょう。但し、屋根を剥がす手間代や廃材の処理費用など、コストは高くなります。

外壁

外壁イメージ

外壁の種類としては、大きく分けて2種類です。
現場でのコンクリート打ちや左官工事など水を使う「湿式工法」と、パネルなどをボルトや釘、ねじで取り付ける乾式工法があります。湿式工法はモルタル、乾式工法ではサイディングが一般的です。

モルタル(湿式工法)

湿式工法で最も一般的なのが、セメントと砂を適量ずつ混ぜて水を加えて練り上げたモルタルを使った工法です。モルタルは、耐候性・耐火性・耐水性に優れており、仕上げの方法によって様々な表情が生まれます。最近では、自然素材の漆喰や珪藻土の塗り壁も風合いがよく人気です。しかし、丁寧に施工しないとひび割れるおそれがありますので注意が必要です。

サイディング(乾式工法)

乾式工法で一般的なのが、工場で生産されたボード状の外壁材を現場で下地に釘で打ちつけるサイディングです。工場で生産されることから品質も一定、軽量で施工も簡単なことから人気があります。種類としては、金属系サイディングと窯業系サイディングがあり、デザインも煉瓦調やタイル調、石積み風など豊富です。


リフォーム例01: 増穂町 M様邸 壁付け〜対面キッチン

築11年の木造住宅です。N様のお住まいの外壁・屋根が汚れてきたとのことで、当社展示場へご来場いただいたことが、リフォームのきっかけです。
工事内容は、まず高圧洗浄できれいに洗ってから下地塗り(シーラー)をして上塗りが剥がれないようにします。その上に耐抗性のあるニッペのシリコンセラUVを重ねて2回塗ります。樋・破風板も塗ります。

ビフォーアフター

リフォーム例02: 南アルプス市I様邸 外壁 リシン吹きつけ

築30年の木造住宅です。リシン吹きつけの壁をリフォームしました。外壁にひびもあり、雨漏りの原因になるので、塗り直しの必要性がありました。ベージュから薄いグレーに塗り替え、さわやかになりました。
工事内容は、洗浄後にクラックの補修をして、下地塗り1回・上塗りを2回行いました。塗装後、クラック部分が盛り上がるため補修が非常に難しいなか、きれいに仕上がりました。

ビフォーアフター

PAGETOP